天皇賞秋と秋古馬三冠 最も予想困難なレース

東京競馬場の熱い戦い天皇賞秋

秋古馬三冠のひとつである天皇賞秋

5回東京開催で行われる天皇賞秋と6回東京のジャパンカップのほか、ファン投票によって出走馬が決められ、暮れの中山で繰り広げられる有馬記念、これら3つのレースを合わせて俗に秋古馬三冠と称されています。 このうち最も早く創設されたのは天皇賞秋で、1937年創設の帝室御賞典が前身となっています。当初は現在の2000mとは異なり3200mでの開催で、一度勝利した馬は天皇賞への再出走が認められていませんでした。しかも勝利後は負担重量が重くなる関係から出走レースの選択肢が狭まり、そのまま引退するかもしくは活躍の場を求めて地方へ移籍する馬は少なくありませんでした。

秋の古馬戦線に有馬記念が加わったのは1956年のことで、創設当初は「中山グランプリ」と呼ばれていました。ファン投票によって出走馬を決めるというのは、当時の日本中央競馬会理事長の有馬氏の案で、翌年初頭に有馬氏が肺炎で急逝したことから、中山グランプリが「有馬記念」へと改称されています。 以降は天皇賞秋と有馬記念が秋の古馬戦線として定着しましたが、スピードシンボリやタケシバオーといった国内の強豪馬が、海外遠征で全く通用しない状況が続いたことで、強い馬作りと共に国際化の動きが推進され、1981年のジャパンカップ創設により現在の秋古馬三冠が形成されました。

ジャパンカップ創設当初は、招待馬と日本馬の実力差がかけ離れていたため、海外の強豪を招待してのお祭りやイベントという趣があり、秋古馬三冠とは言いがたい状況でしたが、1990年代以降に日本馬の実力が急激に向上し、近年はジャパンカップの上位入線を日本馬が占めるようになったことで、名実共に「秋古馬三冠」へと変貌を遂げています。 しかし、底力と瞬発力が問われる東京芝2000mと2400m、更には持続力が問われる中山芝2500mという趣の異なる3レースを、古馬一線級相手に実質2ヶ月間の間に戦い抜くことは厳しいとされ、3レースの全てに出走する一流古馬は徐々に減少しています。

2000年以降は同年に3レースを制した場合に限り褒賞金1億円が設定されるようになり、2000年のテイエムオペラオーと2004年のゼンノロブロイの二頭が褒賞金を手にしていますが、以降に秋古馬三冠を達成した馬は出現していません。 日程の厳しさ以外に、天皇賞秋と凱旋門賞の開催時期が近く、一流古馬の目標が天皇賞秋から凱旋門賞へと変化していることも原因の一つとなっています。

秋古馬三冠に称される天皇賞秋。
今年はどの馬が優勝するのか気になる方も多いかと思います。
事前に天皇賞秋の予想が的中するサイトを活用して、夢の万馬券を掴んでみてはいかがでしょうか。
個人で予想するよりも、高確率で穴馬を当てることが出来ますよ。